ユースクルー系委託販売承ります。下取りより確実お得。

【セール!】Final Attack - Action speaks louder CD

Terror、Trapped under ice、Guns up!等世界的な潮流となる、郊外系プレッピー・タフガイ・ハードコアへのジャカルタからの回答!
ワシントンDCでGriptapeというバンドで活動していたインドネシア人Indra(Gu)が、2004年に帰国。Widi(vo)とJoneh(Ba)のバンドに加入したのがFinal attackの原型となる。そこにオリジナルドラマーのBagoes、Indraの実弟Andriを加え活動開始。メロディック・ユースクルーが主流だったインドネシアでは異彩を放つピスト・オフメタリックハードコアを聴かせる強烈なライヴ・パフォーマンスで一躍ジャカルタ有数の人気バンドへと成長する。Straigh answerやWhat we think、Thousand punch、Brave heart、Grave dancersといったジャカルタの代表的ハードコア・バンドは勿論のこと、Terror、Have heart、Miles away、No turning back、First blood、Ruinerといった"海外"バンドとの共演も果たしている。
2008年に12曲入りのデビュー・アルバムLegitimate threat、そして二枚目のアルバムとなるLength of time製作中に友人であるLooserzのシンガーMarioを失い、彼への追悼盤ミニアルバムとして同CDを急遽発表。そして今回のAction speaks louder発表を前にも更なる悲劇がバンドを襲う。オリジナルメンバーのJonehの急逝である。
Jonehの遺作であり、Negative approachのカバーを含む全10曲の本作は東南アジナンバーワンとの呼び声も高いバンドの実力を発揮。Cro Mags, Leeway, Negative Approachらをルーツに、メロディックユース・クルーが主流のインドネシアでは異色のピストオフ・メタリック・ハードコアを聴かせる。

500円

在庫あり
注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索